2010年10月31日

10月31日

101031_1515~010001.jpg

これは蝦夷鹿の岩塩包み焼き用の生地です。蝦夷鹿を網脂で包んでこの生地で包み火をいれます。うちの店みたいにアラカルト中心の店では生地に飾りつけたりできませんし、するつもりもないので本でこれを見た時には“これだ”と思いました。ただ残念なのは、何年やってもあまり蝦夷鹿のオーダーはとおらないことです。

2010年10月26日

10月26日

HI3G0015.jpg

バローロチャーボメンティンジネストラ01(ネッビオーロ種)です。バローロにバリックを使い、フランス的なモダンな作り方をはじめたドメニコクレリコ。他のエリオ・アルターレ達とともにモダンバローロの名手です。

2010年10月21日

10月21日

HI3G0024.jpg

今日の昼に出たワインを少しいただきました。久しぶりだったのですが、香りがよくなめらかで、ほどよくしっかりしていてバランスがいいなと思いました。でも少しとはいえ昼から飲んでしまうと仕事したくなくなってしまう‥‥

2010年10月14日

10月14日

HI3G0019.jpg

バルバレスコ“リオソルド”00(ネッビオーロ種)です。このワインの生産者のプロドットーリ・デル・バルバレスコは1958年に設立されたイタリアで最も賞賛すべき協同組合で、バルバレスコを造ることに専念したことと、優れた畑を所有していることで高品質のワインをリーズナブルな価格で提供しています。

2010年10月12日

10月12日

HI3G0023.jpg

10月のおすすめコースです。?付き出し(お酒を飲まれる方にお出しします)?前菜(里芋とキノコの暖かいテリーヌ)?パスタ(スパゲティ魚介のトマトソース)?メイン料理(牛頬肉の赤ワイン煮込み)?ドルチェ(自家製デザート)?コーヒー叉は紅茶。¥3800(税込み)以上です。またこのコースは2日前までの御予約でご用意しております。

2010年10月07日

10月7日

HI3G0020.jpg

タウラジラディーチリゼルバ99(アリアニコ種100%)です。この作り手マストロベラルディーノは古くから、地品種に拘り、量より質を追求してきており、今やカンパーニャ地方のみならずイタリアを代表する世界的な生産者です。

2010年10月05日

10月5日

HI3G0017.jpg

パレオロッソ05(レ・マッキオーレ)です。1993年、パレオロッソ89を発表し、その後メッソリオ(メルロー種)、スクーリオ(シラー種)のプレミアムワインでスーパーワイナリーへと駆けのぼったレ・マッキオーレ。2001年それまでサンジョベーゼ、カベルネ・ソーヴィニヨン等の混醸だったパレオロッソをカベルネ・フラン100%に変えこれも成功させました。

2010年10月03日

10月3日

HI3G0016.jpg

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ カステル・ジョコンド 2004(サンジョベーゼ種100%)です。ここのワイナリーのフレスコバルディは、トスカーナで最初に外来種の栽培に取り組み、醸造や熟成における最新の技術にも積極的に挑戦しており、素晴らしいワインを造り上げています。